パズルのような囲碁の問題

  • 2011.02.16 Wednesday
  • 09:00

JUGEMテーマ:囲碁


相手の石を囲んで取り上げ、自分の陣地を広げる囲碁。

単純なルールながら、奥深い魅力のある日本の伝統的なゲームですが、奥深いゆえに面白さがわかるまでに時間がかかるゲームとも言われています。

通常の碁は縦横十九路の盤を使います。
縦横に十九本の線が走る盤の、交点に碁石を置くわけです。

1局で200手以上に及ぶ手順の中には天文学的な数の変化が潜み、対局者には構想力、読み、計算力などが求められます。

しかし、入門者にはこの十九路というのが一つの壁。
そこで、張 栩(ちょう・う)棋士が四路盤という入門用の碁を考案しました。

対局用ではありませんが、ごくごく基本的なルールを押さえれば、パズル感覚で楽しめるでしょう。

例題1:緑番



参考URL:
http://photozou.jp/photo/show/1009326/52994724

■囲碁をこれから始めたい!という方はこちら >> http://pentacle.jp/?pid=10033043


◆ニチユー株式会社
◆PENTACLE(ペンタクル)
◆HERITAGE(ヘリテイジ) 楽天市場
◆HERITAGE(ヘリテイジ) Yahoo!ショッピング


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM